設置することで防犯になる

うっかりインロックをしてしまったり、鍵を紛失したりなどちょっとしたことが、大きなトラブルに繋がってしまうことがあることをご存知でしょうか。最近、多くの事件や事故が発生しています。そのため、近年ではトラブルを防止するために、防犯カメラや警告ランプなどを設置する方が多くなりました。その理由としては、こういった対策を取っておくことで、何かに巻き込まれることを防げますし、万が一トラブルが発生した際にも、迅速な解決に繋げることができるためです。

防犯カメラを設置する際の注意点をランキング

no.1

設置する場所の環境を考慮する

防犯カメラはバリエーションが豊富です。室内や室外など、利用する用途に応じて、性能も異なってきます。その為、購入する際はその点を注意しましょう。おすすめされたからと室内用の防犯カメラを購入して、屋外に設置してしまっては効果が存分に発揮できません。

no.2

メンテナンスが行いやすいかを考える

防犯カメラの多くはそのまま設置した状態にしています。しかし、年に1、2回はメンテナンスを行う必要があります。ホコリなどでレンズが曇ってしまったり、ひょんなことからレンズにヒビが入っていたなどがあっては、防犯カメラとしての性能が損なわれてしまいます。

no.3

設置する目的を明確にする

防犯カメラを設置する際は、設置場所の優先順位をきちんとしておきましょう。たとえば、入り口のセキュリティが十分で、従業員以外が入ってくることが出来ないとわかっている場所に防犯カメラを設置しても、トラブル発生の原因不明などが滅多にありません。そこに設置するならば、エントランスなどの人の通りが多い場所に設置することで、怪しい人が長時間いるなどの問題を確認しやすくなります。

[PR]
盗聴器調査・発見を依頼しよう
評判の高い業者を厳選リサーチ☆

犯罪防止に設置しよう!監視カメラが目を光らせる

防犯カメラ

外側だけでなく内側にも設置しよう

外に置くことで防犯の対策になりますが、内側に設置することで、トラブルの監視カメラへと早変わりします。自宅で留守番する子供やペットの為に設置することもあれば、遠方に住む両親の安全を確認するためなど、色々な理由で利用されます。また、スマホなどと連結させることで、何かあった際もすぐに気付くことができます。

子供たちの防犯のため

子供を狙った事件は今も昔も多くあります。そんな事件を少しでも減らすために、学校や公園などの施設にも防犯カメラが設置されています。また、最近では子どもたちの通学路にも設置している場所があります。人の目では限界が出てしまう場所に、防犯カメラや監視カメラを設置することで、犯罪を未然に防げるでしょう。

人が多い場所でもトラブル解決

人目につきにくい場所や、薄暗い場所に設置される防犯カメラですが、最近では人の行き来が多い場所にも設置されています。たとえば、デパートのホールなどに設置することで、迷子の発見や不審な行動をしている人の発見などを行うこともできます。また、ホール内などで問題が発生しても、カメラの記録を確認することで解決することもできます。

使い方1つで多くの対策になる

防犯カメラは、最近では多くの機能を兼ね揃えています。そのため、使い方次第では、子供を守る防犯にもなり、家族を見守る監視カメラになり、トラブルを防止する手段にも使うことができます。また、万が一問題が発生した場合でも、記録されている映像からその解決を行うこともできます。また、カメラと共に音が出る機械を設置すれば、威嚇撃退を行うこともできるようになります。また、防犯カメラと同時にホームセキュリティーに申し込んでおくと、留守中や就寝中に空き巣などのトラブルが発生しても、すぐに警備員が駆け付けてくれるので安心です。さらにホームセキュリティーに加入している家は、専用のステッカーを玄関など目立つところに貼るので、自然と防犯効果が高まるでしょう。

カメラを設置する際に浮かぶ疑問

監視カメラにはどういった種類があるの?

年々増えている犯罪に対応するために、監視カメラも多くの種類が存在しています。画質が高性能なものだったり、赤外線を利用した暗視カメラだったりも販売されています。用途用途にあったものを探してみましょう。また、わからないことは店員に質問してみましょう。

複数の監視カメラを一箇所で操作できますか?

ネットで対応できる監視カメラであれば、コントロール用のパソコン1台で管理することができます。また、パソコンに接続することで保存できる要領が大きくなるため、保存できる映像の時間が長くなったり、上書きすること無く長期保存できます。

現地調査などはどのように行うの?

建物の立地や配線設備、建物の環境などを確認して、お客さんの希望を照らし合わせます。そうすることで、要望にできるだけ応えた内容の提案をすることができます。また、その提案を見ての疑問などもきちんと説明することで、納得できる打ち合わせをします。

現地調査や見積もりは費用がかかるの

基本的には現地調査から見積もりまでは無料で行っている業者が多いです。しかし、お客さんの住んでいるエリアや設置したエリアなどによっては料金が発生することもあります。その際には、事前に情報を与えた業者から説明があるでしょう。

[PR]
監視カメラの設置を任せる
職場のセキュリティを万全に!

[PR]
ホームセキュリティーを利用しよう
メリットが満載☆

広告募集中